2018年07月14日

自然流ランニング大学例会(7月)報告

 今回はペースの要点である「スピード」について学びました。初心者からサブスリー・ランナーまで、走力は人によっておおいに異なるわけですから、同じキロ6分でも、ある人にとっては速く、別の人にとっては遅い、ということになる。
では、キロ6分を「速い」と思っている人、だから「きつい」と感じている人。ほんとうにそうなのでしょうか。それを教えてくれるのが、「心拍数」です。
 まず、それぞれの最大心拍数をはじき出します。最も簡単な算出方法は、220−年齢(女性は226−年齢)。安静時心拍数×1・1+115も一般的です。安静時心拍数は気持ちを落ち着け脈を計ってください。最大心拍数の算出は、全力で12分間走をしてから脈を測ればもっと正確です。最大心拍数に対する割合が、80〜85%なら「きつい」、65%くらいなら「楽」です。キロ6分で走っていて65%なら、けっして「きつい」とはいえない。もっとがんばれるはずです。
 基礎体力の向上や脂肪燃焼には「楽」な走りがよい。それは漫然と「楽」に走るより、65%の心拍数、最大心拍数が180の人なら117で走るということです。心拍計でその前後をキープする、あるいは自分にとっての心拍数117のスピードを知り、その速さをキープする。そうすれば、より効率的な練習が可能になります。
 同様に「快適」や「追い込み」の心拍数(スピード)、フルマラソンを走り抜く心拍数(スピード)=80%くらい=も知っておきたい。山西哲郎先生、佐々木誠先生(快体健歩療術院院長)の指導のもと、それぞれの「スピード」の把握に取り組みました。(S)
1.JPG
佐々木誠先生にフォームの指導を受けました
2.JPG
実技は江東区の東京海洋大学ラグビー場で
3.JPG
骨盤を意識して走りました
4.JPG
グラウンド脇の盛り上がりを利用し、ヒルトレーニング
5.JPG
山西哲郎先生がハッパをかけます
posted by miko at 10:32| Comment(0) | イベントレポート

2018年06月13日

自然流ランニング大学例会(6月)報告

 お久しぶりです、小林先生! 「ランニングの世界・友の会」の元事務局長で、かつては当大学の常連講師だった小林均先生に、何年かぶりに実技の指導をしていただきました。ランナーとしての成長ぶりを見せたかったのですが、いかんせん、気持ちに体がついてこない。6月10日、東京海洋大学のある東京地方は雨。しかし、実技の最中はかろうじて降雨を免れました。
 ランニングフォームの改善が実技のテーマです。競技力は心・技・体の3つ。このうち、ランニングにおける技(術)は、作戦・ペース配分・ランニングフォームの3つです。市民ランナーはマラソン大会で勝とうというわけではないので、肝心なのはフォームのみといってもよいでしょう。指導は「接地のしかた」に絞って行われました。一度にいろいろ言われても混乱するだけですから、これはありがたい。
 効率のよい接地とは、次の2点です。
 ・接地した足の真上に体が来るようにする。
 ・足首、膝、腰をなるべく曲げないようにする。
 なるほど、簡単ですね。脚を前に踏み出したり、その際、膝が曲がっていたりすると、腰が落ちて前に進みませんものね。とはいえ、簡単な理屈に体がついてこない。そんなわけで、リバウンドジャンプや競歩を応用したドリルに取り組みました。最後に参加者それぞれの走りを動画で撮影し、あとで反省したり、誇らしい気分になったりしました。
 山西哲郎先生の座学は「ランニングと感性」がテーマでした。フォームはもちろん重要なのだけれど、走っているとき感覚も、大切にしなければならない。そんなお話でした。(S)
ランニング大学1.JPG
ケネニサ・ベケレ選手(エチオピア)を参考に、ランニングフォームについて話す小林先生
ランニング大学2.JPG
明治丸を背にストレッチ。その向こうにはタワーマンション
ランニング大学3.JPG
段差を使ったストレッチ。山西先生が見守る
ランニング大学4.JPG
フォーム改善のためのドリル
ランニング大学5.JPG
効率よい接地を目指し、いろいろやります
ランニング大学6.JPG
フォームの動画を撮影中
posted by miko at 11:29| Comment(0) | イベントレポート

2018年04月13日

「花のお江戸をマラニック」報告

 日差しも風も心地良い、ランニング日和。4月8日、東京都江東区越中島の東京海洋大学キャンパスを拠点に、春恒例の「花のお江戸をマラニック」が開催されました。「マラニック」は「マラソン」と「ピクニック」の合成語。走ったり歩いたりしながら、途中、名所旧跡を見学し、おいしいものを食べます。
 約80人の参加者は、超ゆるゆる(10キロ以下)、ゆるゆる(10キロ)、そこそこ(15キロ)、満喫(20キロ以上)の4つに分かれ、5〜10人のグループになって、それぞれのグループでコースを決めます。海洋大学からだと、築地から隅田川沿いを北上して両国を目指す。晴海、豊洲、さらには台場へと湾岸エリアを走る。深川の下町情緒を味わう−などが、オーソドックスなコースでしょうか。
 「満喫」コースのグループのひとつである私たちは、「鉄ちゃん」だというガイドの有無を言わさぬ引率で、江東区内の鉄道名所を巡りました。まずは、木場公園。ここの地下は都営大江戸線の車庫になっているのですが、地上からその様子はうかがえません。ここから親水公園を走り、小名木川と横十間川が交差するところ、Xの形にかけられたクローバー橋へ。近くの貨物線越中島支線の高架をくぐりました。
 そして、明治通りのショッピングモール「アリオ北砂」前の交差点。この交差点の名称は「小名木川駅前」だと標識にあります。なのに駅の姿は見えず、「駅はどこ?」とランナーたち。「アリオ北砂」の場所にはかつて、巨大な小名木川貨物駅があり、廃止されたものの、交差点にその名をとどめたというわけです。
 明治通りを南下し、南砂緑道公園に入りました。この公園はもとは、都電38系統(城東電車)の専用線でした、いまでは、すてきな桜並木に整備され、葉桜となっても花見を楽しむ人たちがいました。一団はさらに、東西線車庫(地上)を横目にしおかぜ橋を渡り、貨物線の終点(越中島貨物駅)や京葉線が地下に潜るところを見学しました。さらにさらに、以前はこの先に張り巡らされていた東京都港湾局専用線の「遺跡」も見ました。走行距離は21キロ。そんなに走ったら、マラニックにはならないとの批判も。でも楽しかったからいいじゃないですか。
 マラニック開始前には「走る楽しさ、走る喜び」をテーマとする山西哲郎先生の講演、快体健歩ランニングクラブ代表、佐々木誠氏によるストレッチの指導もあり、充実した一日でした。(S)
マラ1.JPG
山西哲郎先生の講演

マラ2.JPG
佐々木誠氏(左手前)の指導で入念にストレッチをしました

マラ3.JPG
出発前の記念撮影

マラ4.JPG
これが「小名木川駅前」交差点だ

マラ5.JPG
江東区内の細長い公園の多くは運河を埋め立てたものですが、南砂緑道公園は違います

マラ6.JPG
中央区晴海と江東区豊洲の間にかかる港湾局専用線「晴海橋梁」

マラ7.JPG
晴海地区を背景に記念撮影。後方の橋は未開通の環状2号線豊洲大橋

マラ8.JPG
佃島で「ゆるゆる」グループと合流
posted by miko at 21:00| Comment(0) | イベントレポート