2018年08月21日

ランニングの世界・友の会夏合宿(8月17〜19日)報告

妙高高原(新潟県)での夏合宿。それは、山西哲郎先生が手取り足取り指南する幸せな3日間だった。それにしても、ランニング指導の第一人者である先生がなぜこれほど、初心者や高齢者、一介の市民ランナーの指導に情熱を燃やせるのか。その思いに応えたい。
 【初日】
 前日までの猛暑がうそのように、いっきに涼しくなった。われわれは、妙高スポーツ公園のトラックへ行った。気合を入れて5周走り、1周ごとのラップと、終了後の脈拍を計った。様子をS氏がビデオに収めた。あとでフォームをチェックするのだ。このあと、インターバル走と起伏走をした。
合宿1日1.JPG
夏合宿はスピード練習で始まった
合宿1日2.JPG
続いてインターバル走
合宿1日3.JPG
起伏走。S氏(左)がビデオを撮る

 【2日目】
 モーニングランは、長野と県境をなす関川の落差55メートルの苗名滝を目指した。水音が聞こえる。最近はセミの鳴き声ばかりだったから、気持ちがいい。早朝から、大学生や高校生のランナーが行き交う。若者は走りが軽い。約7キロ走った。
 宿に帰り、前日のビデオをチェックした。「Uさんは腕が振れていないね」。山西先生がそれぞれのフォームを解説する。他人のフォームを見るのも重要だ。観察力がつけば、自分のフォームもよくなる。「弱点を探すのでなく、よくなったところを見て」と山西先生は言った。
 このあと、われわれは、弁当をリュックに詰め、車で笹ヶ峰に行った。最初は牧場内をジョグ。ダムを渡り、長い階段を上り、夢見平でトレランを楽しんだ。下りでU氏がこけ、右膝をすりむいたが、すかさずY氏が、消毒液と絆創膏を用意する万全の救護態勢。全員が無事、完走した。約15キロ。
 特筆すべきは、宿の「ハイランドロッジ タケゲン」の食事のうまいことである。この日は、ノドグロを焼いたのが1人まるごと1尾出た。都合22キロ走ったあとだ。一番搾りも雪中梅もある。何という幸せ! だが、本当にうまいのは、高原育ちのナスとかウリとかタマネギだ。「タケゲン」では、自ら野菜を栽培しているそうだ。
合宿2日1.JPG
宿の前に午前6時集合。まずはストレッチ
合宿2日2.jpg
苗名滝までモーニングラン。学生諸君の邪魔にならないようにね
合宿2日3.JPG
苗名滝
合宿2日4.JPG
宿でフォームをチェック。左後方に山西先生
合宿2日5.JPG
ダムを渡り、夢見平に向かう階段を上る
合宿2日6.JPG
夢見平遊歩道

 【3日目】
 モーニングランはいもり池に行った。この日は、強豪大学が出場する「黒姫・妙高山麓駅伝」が開催され、いもり池にも中継所ができていた。約5キロ走った。
 その後向かったのは、野尻湖である。1周15キロを走る。湖畔を走るイメージだったが、実際は大半が森の中で、とても気持ちのいいコースだ。ただし、かなりのアップダウンがある。「調子はどうだ?」と車の助手席から山西先生が声を掛ける。「大丈夫です!」。気分はすっかり、駅伝選手だった。(S)
合宿3日1.JPG
いもり池の周りを走る。後方に妙高山
合宿3日2.JPG
車に分乗し、野尻湖に到着。コースと時間を確認した
合宿3日3.jpg
野尻湖畔を走る
合宿3日4.JPG
周回の大半は森の中
posted by miko at 21:13| Comment(0) | イベントレポート

2018年08月07日

自然流ランニング大学例会(8月)報告

8月5日(日)、灼熱の太陽輝く東京海洋大学越中島キャンパス85周年記念会館で自然流ランニング大学8月講座は開講しました。
講師はランニング伝道師山西哲郎先生。座学のテーマは「健康とランニング」。心身の健康はランニングの主要な課題であり目標です。正しく健康的な運動としてのランニングは生活の一部と位置づけられています。講座ではランニングを通しての真なる健康づくりを学ぶとともに、中高年における自己にふさわしいランニング処方を身に着け実践することを目標とします。
また特別実技として場所をグランドからプールに移して田村悠司先生に「着衣泳」の指導をいただく内容になっています。
午前10時、ランニングの世界11号の巻頭言「ランニングと生活」をテキストに山西節の講座がスタートしました。
1.JPG
先人たちのランニング人生観と受講生の自己・精神・身体をリンクさせる作業です。ランニングが生活に及ぼす影響、日内の生体のリズムとランニングの関係、季節とともに移ろうランニング生活、そして年代によって変化していくランニング生活を学びました。
ランナー生活の評価チェックには歩数、消費エネルギーが有効だそうです。ランナーは1日8000歩が下限であること、階段昇降は通常の歩行の3倍のエネルギー消費であることなど興味深い内容でした。
実技は35℃超のグランドで実施しました。4人1組で100m5本のリレーを2セット行いました。
2.JPG
短時間で距離も短いトレーニングでしたが給水をとりながら効率的で安全なレベルであったと思います。高温の中を長時間長距離走るより高質な内容になりました。給水用の重いクーラーバックを運んでいただいた事務局池田さんに感謝です。
実技2部は田村先生にご指導いただき「着衣泳」の体験です。先生は東京海洋大学教授で海難学会の副会長です。テレビ、ラジオででも活躍されていますが海や川での溺死事故を無くしたいという強い思いが伝わる講義でした。
3.JPG
受講生は長袖長ズボンにサンダル、ランニングシューズなどをはいてプールに入ります。まず2Lペットボトルを体につけて浮力を体験します。思いのほか大きな浮力を得られるものです。
4.JPG
息を吸った状態で人の比重は0.98になります。2%の部分は水の上に出ることになり、仰向けになると鼻と口が水面に出て呼吸ができるようになります。これが「背浮き」の状態です。「ういてまて」という言葉はまさに海難から生還するキイワードになるのです。2020年からこの「背浮き」が小学校の学習指導要領に入るそうです。それにしても夏空を見ながらプールの水の中を漂うことは非日常の解放感がありました。
5.JPG
とても貴重な時間を過ごすことができました。(Y)
posted by miko at 08:21| Comment(0) | イベントレポート

2018年07月14日

自然流ランニング大学例会(7月)報告

 今回はペースの要点である「スピード」について学びました。初心者からサブスリー・ランナーまで、走力は人によっておおいに異なるわけですから、同じキロ6分でも、ある人にとっては速く、別の人にとっては遅い、ということになる。
では、キロ6分を「速い」と思っている人、だから「きつい」と感じている人。ほんとうにそうなのでしょうか。それを教えてくれるのが、「心拍数」です。
 まず、それぞれの最大心拍数をはじき出します。最も簡単な算出方法は、220−年齢(女性は226−年齢)。安静時心拍数×1・1+115も一般的です。安静時心拍数は気持ちを落ち着け脈を計ってください。最大心拍数の算出は、全力で12分間走をしてから脈を測ればもっと正確です。最大心拍数に対する割合が、80〜85%なら「きつい」、65%くらいなら「楽」です。キロ6分で走っていて65%なら、けっして「きつい」とはいえない。もっとがんばれるはずです。
 基礎体力の向上や脂肪燃焼には「楽」な走りがよい。それは漫然と「楽」に走るより、65%の心拍数、最大心拍数が180の人なら117で走るということです。心拍計でその前後をキープする、あるいは自分にとっての心拍数117のスピードを知り、その速さをキープする。そうすれば、より効率的な練習が可能になります。
 同様に「快適」や「追い込み」の心拍数(スピード)、フルマラソンを走り抜く心拍数(スピード)=80%くらい=も知っておきたい。山西哲郎先生、佐々木誠先生(快体健歩療術院院長)の指導のもと、それぞれの「スピード」の把握に取り組みました。(S)
1.JPG
佐々木誠先生にフォームの指導を受けました
2.JPG
実技は江東区の東京海洋大学ラグビー場で
3.JPG
骨盤を意識して走りました
4.JPG
グラウンド脇の盛り上がりを利用し、ヒルトレーニング
5.JPG
山西哲郎先生がハッパをかけます
posted by miko at 10:32| Comment(0) | イベントレポート