2019年04月02日

春の花めぐりマラニック2019 with 山西哲郎(3月31日)報告

 朝はどんより曇った寒空だったのに、走り始めるころには晴れて、やがて汗ばむほどの陽気に−。格好のマラニック日和となりました。約70人が東京都江東区の有明スポーツセンターに集合。ゆるゆる(10キロ未満)、そこそこ(10キロ目安)、満喫(15キロ目安)の3コースで、10人一組のグループになり、街に飛び出しました。
 マラニックとは、マラソンとピクニックを組み合わせた造語。仲間と語り合いながら、ゆっくり走り、ときには歩き、途中、立ち止まって名所を見たり、おいしいものを食べたりします。
 有明スポーツセンターの前の通りは、かつての東京マラソンのコース。この手前でビッグサイトに向け左折していました。センターのお隣は、2020年東京五輪・パラリンピックの会場の一つとなる有明テニスの森公園(改装中)。晴海に建設中の選手村もすぐの距離で、周辺のあちこちに、五輪を迎える騒々しさが感じられます。しかし、多くの参加者のお目当ては、五輪より反対側のレインボーブリッジのようでした。
 行きまたは帰りを「ゆりかもめ」などの公共交通利用とし、芝公園や浜離宮を目指します。なにしろ、サクラの季節ですからね。ちなみに、レインボーブリッジは、芝浦ふ頭側はエレベーターで地上から上り下りするため、芝浦側から来ると最後が下りで楽、台場側から行くと最初、きつい上り坂となります。
 「ランニングはサンマだ!」と山西先生。えっ、ランニングは対話だったのでは? サンマとは3つの間。時「間」、空「間」を走り、仲「間」との時間を楽しんでください、ということでした。(S)
まらにっく1.JPG
出発前の参加者に「ランニングを楽しもう」と呼びかける山西哲郎先生
まらにっく2.JPG
スポーツセンター前で準備運動。「早く走ろうよ」と男の子
まらにっく3.JPG
ゆっくり走ると、いろいろなものが見え、さまざまな音が聞こえてきます
まらにっく4.JPG
道を譲ることも大切
まらにっく5.JPG
レインボーブリッジ前で記念撮影
まらにっく6.JPG
街のあちこちがサクラの花で彩られていました
45B45F07-0899-4540-A035-18B4EB735A63.jpg
今川焼を食べながら、バックは東京タワーと増上寺
posted by miko at 14:38| Comment(0) | イベントレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: