2019年01月31日

自然流ランニング大学例会報告(1月27日)

 週末は、時間をかけてロング・ペース走をしたり、LSDをしたり、あるいは、練習会に参加して互いに張り合いながら(励まし合いながら)がんばる。―として、仕事のある平日、どんな練習をすればいいのか。快体健歩ランニングクラブの佐々木誠さんが提唱する「コンバインドトレーニング」が大変、参考になりました。
 一例はこうです。
 ウォームアップジョグ(5分)
 動的ストレッチ(8分)
 バリエーションウォーク(2分)
 ジョグ〜ランニング(5分)
 階段バリエーション(5分)
 上り坂バリエーション(7分)
 ペース変化走またはビルドアップ走(33分)
 クールダウンジョグ(5分)
 補強筋力トレーニング(5分)
 静的ストレッチ(15分)
 全90分の中にフォーム改善やレースペース確認、スピード養成などの要素が入っています。厳しいけれども、ジョグで距離を稼ぐより、効果的な練習ができます。
 実技は隅田川テラスでこの短縮版を実施しました。
 佐々木さんの講評は「みなさん、だらだらしすぎ」でした。残念です! 短い時間でも効果が上がるのは、集中して実行するからです。
 佐々木さんからは、「トレーニング計画」の考え方についての講義がありました。中長期の計画、日々の練習のテーマなどはもちろん大切ですが、これらを有効とする条件として強調されたのがまず、コンディショニングです。いくら立派な計画でも風邪をひいて実行されなければ何の意味もありません。さらに重要なのは、モチベーション(動機)。そしてマネージメントです。仕事の都合に応じて、いかに練習時間を見つけるか。早朝か夜か。ちょっといっぱいの誘いを断るべきか。断るときは、どう断るのか。
 そうまでして練習するのですから、階段10本、さっさとやるしかないでしょう。(S)
2019_1_1.JPG
練習はストレッチから。東京は連日の快晴で空気がからからです
2019_1_2.JPG
階段上りは1段飛ばしも織り交ぜて
2019_1_3.JPG
上り坂でフォームづくり
2019_1_4.JPG
とはいえ、ゆっくり走るのが楽しいですね
2019_1_5.JPG
佐々木さんによるセルフマッサージの手ほどきもありました
2019_1_6.JPG
練習メニューの考え方について説明する佐々木さん
posted by miko at 09:10| Comment(0) | イベントレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: