2018年03月12日

第12回「自然流ランニング大学」報告

 1973年、山西哲郎先生は東京・代々木公園で「ほるぷランニング学級」を開き、市民ランナー指導を始めました。そう、代々木公園こそは、指導者・山西の原点である。
 山西先生自身、それまで、ランニングは競技者のものだと考え、競技とは無縁の彼らになぜ呼ばれ、なぜ教えを請われるのか、よく分からなかったといいます。つまり、代々木公園に集まるランニング好きの彼らこそ、山西先生に走ることの楽しさを教えたといえるのではないでしょうか。
 2017年度最後の講習会は、この代々木公園で開かれました。テーマはファルトレーク走。公園の木々を縫い、アップダウンを利用して、遊ぶように走ります。代々木公園では、多くのラン仲間とすれ違いました。
 「今日はどうしたの?」
 「山西哲郎先生の講習会で」
 「ああ、あの、裸足で走ろうって人ね」
 「ぽるぷランニング学級」から45年。山西哲郎像はそれぞれのランナーにとってさまざまで、この人にとっては裸足になろうが一番印象に残っているのでしょう。
 公園までジョグ。公園内ではアスファルトを避け、土や芝の上を走ります。ウインドスプリントを2〜3本→速いスピードで1〜2キロ→5〜10分のジョグ→坂上り4〜5回→坂下り4〜5回→クールダウンのジョグ―。短い時間ですが、よい刺激になりました。(S)
山西流1.JPG
集合場所は岸記念体育会館。この日の練習について、山西先生(後姿)から説明を受けました
山西流2.JPG
代々木公園イベント広場では、「ふるさとの食にっぽんの食フェスティバル」を開催中
山西流3.JPG
公園内には結構、厳しそうな丘があります
山西流4.JPG
みなさん、がんばって!
山西流5.JPG
岸記念体育会館前には、由来となった岸清一像。後ろは国立代々木競技場
posted by miko at 21:00| Comment(0) | イベントレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: