2018年01月30日

「のこぎり屋根と清流をめぐる桐生マラニック」報告

 7時2分北千住発、東武特急「りょうもう1号」に揺られ、やってきました・・・桐生(きりゅう)。1月28日、桐生マラニック愛好会の主催で、初の桐生マラニックが開催されました。
 桐生といえば、9秒台。いや違う。「裾野は長し赤城山」と、群馬県民ならだれでも知っている「上毛カルタ」に読まれた赤城山を望む群馬県東部の町のことです。「桐生はあこがれの町」と山西哲郎先生。
マラニックは、マラソンとピクニックで作った造語。ゆっくり走り、ときには歩き、ときには立ち止まって、風景や、仲間や見知らぬ人とのおしゃべり、おいしいものを楽しみます。
 桐生は古くから織物の町としてしられ、かつて工場だったのこぎり屋根の建物が随所に見られます。屋根がのこぎりの刃のようなぎざぎざで、北側の一面に窓がある。直射日光をさえぎりながら、効率よく採光し、かつ、音を天井に乱反射させ、騒音を防いだらしいと地元のランナーが教えてくれました。
 彼ら地元のランナーは夜明け前、空っ風の吹く渡良瀬川河川敷を走っているそうです。ご苦労さま。ジムのトレッドミルでころがっている、わたしなどとは、ここぞというところで差がでるんでしょうなあ。
 超ゆるゆる(10キロ未満)、ゆるゆる(約10キロ)、そこそこ(約15キロ)、満喫(約20キロ)の4グループに分かれて出発。もちろんわたしは満喫コースを選びました。まず、向かったのは水道山。トレイルランナー鏑木毅氏が高校時代、トレーニングした石畳の激坂があります。駆け下りてくる高校生諸君(中学生?)とあいさつをかわす。上りだけども余裕たっぷりの表情で「やあ、おはよう」。このやせがまんが重要ですねえ。
 このあと、徳川家ゆかりの天満宮などを経て、そば処「一生」でお昼。江戸時代から昭和にかけて酒や醤油を醸造し保管するため使用された蔵群の残る「有鄰館」で他のグループと合流しました。その後、桐生の繁華街などを走ってゴール。最後は、藪塚温泉のホテルふせじまに移動し、おふろと懇親会を楽しみました。
 参加者全員、子供のような笑顔がはじける。そんな笑顔を見ていると、また一層楽しくなる。マラニックってこんなに楽しいものだったんですね。(S)
桐生1.JPG
集合場所、中央公民館前の新川公園で準備運動
桐生2.JPG
水道山の激坂を余裕の走りで上ります
桐生3.JPG
裾野の長い赤城山を背景に渡良瀬川で記念写真
桐生4.JPG
有鄰館で各チームが合流
桐生5.JPG
有鄰館ではさまざまなイベントが行われるそうです
桐生6.JPG
雪の残ったのこぎり屋根
posted by miko at 21:17| Comment(0) | イベントレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: