2018年10月15日

自然流ランニング大学例会(10月)報告

 14日、東京海洋大学(江東区)で開催された例会のテーマは「食と排泄とランニング」でした。ランニングの講習会で、「食」をテーマにしたものは結構ありますが、「排泄」まで含めたものはまれ。ランニングの世界・友の会で、なぜこのテーマが可能なのか。それは、会の代表を務めるのが、排泄ケアの第一人者、西村かおる、その人であるからです。
 さて、あなたは適切な排尿、排泄回数を知っていますか。排尿は1日4〜7回、排便は3日に1回〜1日3回が目安です。このほか、においや色も重要。とりわけ排便ではバナナ状であることが望ましいといいます。ランナーが気にするのは、レース前やレース中だけですが、日頃から排泄をコントロールすることが大切であり、それが健康的な生活に結びつくのではないでしょうか。
 講義では、理論ばかりでなく、西村先生の指導で尿漏れを防ぐための骨盤底筋訓練も体験しました。
 実技は、起伏地でスピードに変化をつけて走るファートレク(ファルトレーク)。丘や森、草地で行うのが理想ですが、都会だとそんな場所は少ない。小林均先生と中央区佃の隅田川テラスへ行き、土手のスロープや階段、歩道橋などを利用する方法を学びました。(S)
1.JPG
骨盤底筋訓練は、まず上体を伸ばしてリラックス
2.JPG
「階段を駆け上がれ」と小林先生(右端)。相生橋のたもとで
3.JPG
隅田川テラスの傾斜を利用してファートレク。後方に永代橋とスカイツリー
4.JPG
探せば、都会にもアップダウンがあります
posted by miko at 20:57| Comment(0) | イベントレポート