2018年06月13日

自然流ランニング大学例会(6月)報告

 お久しぶりです、小林先生! 「ランニングの世界・友の会」の元事務局長で、かつては当大学の常連講師だった小林均先生に、何年かぶりに実技の指導をしていただきました。ランナーとしての成長ぶりを見せたかったのですが、いかんせん、気持ちに体がついてこない。6月10日、東京海洋大学のある東京地方は雨。しかし、実技の最中はかろうじて降雨を免れました。
 ランニングフォームの改善が実技のテーマです。競技力は心・技・体の3つ。このうち、ランニングにおける技(術)は、作戦・ペース配分・ランニングフォームの3つです。市民ランナーはマラソン大会で勝とうというわけではないので、肝心なのはフォームのみといってもよいでしょう。指導は「接地のしかた」に絞って行われました。一度にいろいろ言われても混乱するだけですから、これはありがたい。
 効率のよい接地とは、次の2点です。
 ・接地した足の真上に体が来るようにする。
 ・足首、膝、腰をなるべく曲げないようにする。
 なるほど、簡単ですね。脚を前に踏み出したり、その際、膝が曲がっていたりすると、腰が落ちて前に進みませんものね。とはいえ、簡単な理屈に体がついてこない。そんなわけで、リバウンドジャンプや競歩を応用したドリルに取り組みました。最後に参加者それぞれの走りを動画で撮影し、あとで反省したり、誇らしい気分になったりしました。
 山西哲郎先生の座学は「ランニングと感性」がテーマでした。フォームはもちろん重要なのだけれど、走っているとき感覚も、大切にしなければならない。そんなお話でした。(S)
ランニング大学1.JPG
ケネニサ・ベケレ選手(エチオピア)を参考に、ランニングフォームについて話す小林先生
ランニング大学2.JPG
明治丸を背にストレッチ。その向こうにはタワーマンション
ランニング大学3.JPG
段差を使ったストレッチ。山西先生が見守る
ランニング大学4.JPG
フォーム改善のためのドリル
ランニング大学5.JPG
効率よい接地を目指し、いろいろやります
ランニング大学6.JPG
フォームの動画を撮影中
posted by miko at 11:29| Comment(0) | イベントレポート